プロフェッショナリズムⅠの実習を行いました【医学部】

2018年07月27日

2018年7月9日(月)、帝京大学板橋キャンパスにて医学部1年生が「プロフェッショナリズムⅠ」の授業の一環で実習を行いました。「プロフェッショナリズムⅠ」では質の高い医療を供給するために必要な医学知識、臨床的技術およびチーム医療の一員として責任感を養うことを目的として、実習と講義を交えた授業を行っています。

今回の実習は、救急患者の初期対応をテーマとし、呼吸数・脈拍数・毛細血管再充満時間のバイタルサインの測定や、人形を用いた胸骨圧迫の練習を行いました。グループ実習では救急患者の発見から救急隊員への引き渡しまでの流れを、学校・駅・プール・病院などさまざまな状況を想定したロールプレイング形式で行い、より実践に則した形で医療従事者としての心肺蘇生法を学ぶことができました。

また、医学部5年生が実習をサポートし、先輩から後輩へ丁寧に指導する姿が見られ、1年生にとって実りある実習となりました。

 

当日の様子1

当日の様子2

当日の様子3

当日の様子

当日の様子5

当日の様子6

当日の様子7

当日の様子8