救急救命士コースの学生が東京消防庁総合震災消防訓練に参加しました【医療技術学部】

2017年12月11日

2017年11月18日(土)、東京都千代田区にて行われた東京消防庁総合震災消防訓練に帝京大学医療技術学部スポーツ医療学科救急救命士コースの学生184名が参加しました。

今回の消防訓練は東京消防庁主催で実施されており、首都直下型地震に備えて東京湾北部を震源とした大地震の発生を想定し、ビル倒壊・列車事故による多数傷病者の発生、大規模火災などへの対応を目的とした訓練でした。

学生たちは傷病者役として重症・中等症・軽傷のトリアージに合わせたメイクをして訓練に臨み、それぞれの担当に合わせた迫真の演技で訓練に貢献しました。実際に訓練を行っていた東京消防庁の隊員も「傷病者役として迫力のある演技で身が引き締まった」と話していました。

日々の実習から緊張感を持って取り組んでいる経験が生かされたとともに、実際に現場で活躍されている隊員と訓練を行うことでさまざまな発見があり、とても貴重な経験となったようです。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

当日の様子07

当日の様子08

当日の様子09

当日の様子10