石澤非常勤助手がAHA 高血圧カウンシルにて「New Investigator Award」を受賞しました【医学部】

2017年10月12日

2017年9月16日(土)、アメリカ・サンフランシスコにてAmerican Heart Association (AHA) 高血圧カウンシル (Council on Hypertension)が開催され、帝京大学医学部内科学講座腎臓研究室非常勤助手 石澤健一が「New Investigator Award for Japanese Fellows」を受賞しました。

糖尿病患者には食塩感受性高血圧が高頻度に合併することが知られていますが、その機序は十分に明らかにされていませんでした。石澤助手は糖尿病モデルにおいて、Kelch-like 3というユビキチン結合酵素の異常が認められ、その結果、腎臓での食塩の再吸収が亢進することを示しました。本研究成果によって糖尿病性腎臓病の病態解明の進展が期待されます。

 

当日の様子01