銅版画家山本容子さんの壁画を展示しています

2013年09月25日

2013年9月20日(金)、銅版画家山本容子さん制作による壁画が、ご本人立ち合いのもと、板橋キャンパス医学総合図書館に取り付けられました。

山本さんの「音楽」が聴こえてくるシリーズの中の「ヴィヴァルディ」という作品で、サイズは、縦5.6m・横3.9mほどある山本さんの作品の中でも最大級のものです。

無機質な印象のあった図書館の吹き抜けの壁に、ヴィヴァルディの「春」をイメージした鮮やかさとクリーンさが表現され、さらに図書館という無音の空間の中に目で見る音楽のエッセンスが加わったことで暖かみのある空間に仕上がっています。

大学1-2F図書館吹き抜け窓から常時閲覧可能です。

 

news_itabashi_20130925_01

news_itabashi_20130925_02

プロフィール

山本容子さん

山本容子
銅版画家。1952年生まれ。京都市立芸術大学西洋画専攻科修了。都会的で軽快洒脱な色彩で、独自の銅版画の世界を確立。数多くの書籍の装幀、挿画なども手がける。近年では、ホスピタルアート壁画、モザイク壁画やステンドグラスを制作し、幅広い分野で精力的に創作活動を展開 している。

帝京大学医学総合図書館について

2012年4月、医療系専門書を重点的に所蔵する医療系拠点図書館として新設。学習・研究活動に必要な学術情報を豊富に揃え、充実した検索システムを有する。

■蔵書数 約21万冊

■総閲覧室面積1,249m2

■開館時間 9:00~24:00(月~土※含時間外開館)