教育学部賞表彰式が行われました【教育学部】

2020年03月16日

2020年2月27日(木)、帝京大学八王子キャンパスにて2019年度「教育学部賞」表彰式が行われました。2016年度より、同部では学問やスポーツなどのさまざまな分野で優れた成果をあげた学部生、ゼミ・サークルなどの団体に対して、その成果や努力を認め、励ますとともに、卒業後も引き続き活動に励む意欲を高めることを目的として独自の表彰を行っています。

今年度の表彰者は以下の通りです。受賞者には、教育学部長・教授 和田孝より賞状および副賞が授与されました。

 

【研究活動】

田中 遼さん(教育学部4年) 

「加害者体験から個人情報の扱いを考える -生徒の意識を変える情報モラル教材の開発-」というテーマに沿って、加害者側から情報モラルを考えるという新規性、生徒の感想文をテキストマイニングした分析力、授業実践に用いることが可能な一般性、応用可能性などが高く評価され、コンピュータ利用教育学会(CIEC)が開催するPCカンファレンス2019において、大会最優秀論文賞を受賞しました。

 

【研究活動・地域貢献】

上野 未晴さん(教育学部4年)

卒業研究特論のテーマを「子どもの居場所づくりにおける人間関係と学校連携 -八王子市放課後子ども教室を事例に-」とし、八王子市内すべての放課後子ども教室に郵送調査を行った上で、複数の事例で参与観察と聞き取り調査を実践しました。また、個人研究に留まらず所属学科等の研究活動にも大きく貢献しました。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03