ゼミ研究報告会を開催しました【経済学部】

2020年01月29日

2020年1月15日(水)、帝京大学八王子キャンパスにて「経済学部ゼミ研究報告会」を経済学部経済学科、国際経済学科、経営学科、観光経営学科合同で開催しました。

同学部ではゼミを必修科目としており、学外での研究成果の発表や官庁、企業への提案、商品開発など学内外問わず活動しているゼミが多くあります。今回は21のゼミが有志で集まり、5つのセッションに分かれてゼミの研究や活動内容を紹介し、1年間の研究成果を報告しました。

当日は、「AI技術のスポーツや企業の採用面接等での活用実績と問題点、改善点」「多摩地域での空き家対策」「シェアサイクルの普及」などを提案したゼミ、日本・アジア発展に貢献する人材育成を目的とした帝京大学アジア交流プログラム(TAEP)で留学に来ている留学生が「海外の官民連携について」英語のみで発表を行ったゼミなど、非常に幅広い分野の研究成果の発表がありました。発表後には出席した学生と教員から、研究成果に関する質問に加え、今後の研究の展開についてのアイディアも提案され、報告会は活発に意見や質問が飛び交う貴重な学びの場となりました。

当日のプログラムについては、下記をご覧ください。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

当日の様子07

当日の様子08

当日の様子09

当日の様子10