2019年度大学等と連携した観光経営人材育成事業(東京都)に採択されました

2019年10月28日

2019年8月1日(木)、2019年度大学等と連携した観光経営人材育成事業(東京都)に帝京大学が採択されました。本事業は、東京都と大学等が連携して、経営やマネジメントに必要となる新たな教育プログラムの開発等を行います。本学の経済学部観光経営学科の教員が中心となり、経営の視点からサービス提供ができる人材の輩出につなげるなど、観光経営人材の育成を図り、観光事業者の経営力の向上を図ります。なお、受講生の募集は、10月末日から予定しています。

詳細は東京都ホームページをご確認ください。

 

事業概要

多様な主体が関わるポスト2020を標榜した観光事業推進育成プログラム

~観光マーケティングを柱とする"理論"と"実践"に基づく一貫性のある教育プログラムの開発~

 

事業目的

多様化する旅行者のニーズや旅行商品・地域の強み・弱み等を的確に把握し、より効果的・効率的な旅行者誘客を展開できるよう、観光マーケティングの理論に基づき、本学の施設等を活用した特徴的な実践型の研修講座を開設することにより、多様な主体が連携できる人材育成に取組むことを目的とします。

 

コンセプト

(1) 観光マーケティングを柱とした理論と実践を組み合わせた研修カリキュラム

(2) ポスト2020と多様な主体の連携を意識した研修カリキュラム

(3) 利便性の高い霞ヶ関キャンパスでの研修講座の開設

(4) 帝京大学箱根セミナーハウスによる合宿形式での研修講座の実施

 

対象

観光関連事業(団体)等に勤務(予定を含む)しており、東京都内に在住または在勤している方

 

募集について

募集については下記をご確認ください。