第15回卒業生に学ぶライフデザインを実施しました

2019年08月10日

2019年7月26日(金)、帝京大学八王子キャンパスキュリオシティホールで、自己啓発支援(キャリア教育)科目である「卒業生に学ぶライフデザイン」を実施しました。最終回となる今回は、本学学長 冲永佳史学が講義を行いました。学長は、今まで登壇いただいた13人を含む計15万人以上の卒業生を輩出してきた53年に渡る本学の歴史を振り返るとともに、本学のこれからの方向性と在学生に向けての期待のメッセージを語りました。

講義では、「本学の卒業生は業種も違い、学んだ専門性も違い、経験してきたことも当然違う中で共通して持っている姿勢やこだわりを感じることができたと思います。今までの講義の中で、それぞれ感じたことを整理して、どういう姿勢が普段の生活および社会に出た段階で必要なのかを学友と議論することが、成長においての近道になる。それこそが、卒業生に学ぶライフデザインである。」と話されました。また、本学53年の歩みを経てきた中で、経営者としてそれぞれの時代でどのような努力を行い現在の大学の姿になったのか。これから求められる大学像および、なぜその大学像を描いているのか。と、ご自身の経験をもとに話され、本講義に参加している学生に熱いエールが送られました。質疑応答では多くの質問があがり、学生の質問に対して親身になって答えていただき、今後の進路決定に生かせる対話が行われました。

本講義は最後となりますが、今後も帝京大学は本学学生のためにより充実した学びの環境を提供していきます。

 

当日の様子

当日の様子

当日の様子

当日の様子