職員研修を開催しました

2018年10月05日

2018年8月28日(火)・9月11日(火)・19日(水)の3日間、帝京大学八王子キャンパス職員研修「内部質保証のためのPDCAサイクル研修」を開催しました。

この研修は、2018年度から公益財団法人日本高等教育評価機構(JIHEE)による大学機関別認証評価が第三期に突入し、内部質保証とその保証の手法として、PDCAサイクルの導入が求められていることを背景に実施したもので、本学高等教育開発センター客員教授 安岡高志が講師を務めました。

研修は、主に課長補佐級・係長級の職員を対象とし、いずれの回も個人ワークやグループワークを中心に行いました。自己点検・評価やPDCAサイクルに対する理解を深めるとともに、業務上の課題に基づいて実際にロジックツリーを作成し、PDCAサイクルと自己点検・評価報告書をリンクさせるなど、通常業務に実践的に役立つ内容が多く取り上げられました。

参加者からは「ロジックツリーの概念がわかり、目標から戦略を立てる方法がわかった」「他キャンパスでも同様の研修を行い、大学全体でPDCAサイクルが導入できるようにしたい」など前向きな感想が多く寄せられ、今後本学にて内部質保証を推し進めるうえで有用な研修となりました。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03