ジョン・オージェリ氏の講演会を開催しました

2018年07月26日

2018年7月23日(月)、帝京大学八王子キャンパス「ACTrium(アクトリウム)」にて、学修・研究支援センターと学術情報グループの連携事業の『「学びをデザインする」世界のラーニングコモンズ最前線 ―学生のアイデアを形にする学習空間の作り方―』を開催しました。ACTriumは、新校舎「SORATIO SQUARE(ソラティオスクエア)」のⅡ期工事で完成し、4月から開室したプレゼンテーションスペースです。

講演会では、本学関係者だけでなく、学外の方も多く参加し、パリデジタル大学共同創立者兼プロジェクト・ディレクター John Augeri(ジョン・オージェリ)氏より、学習空間における国際的な動向やそこから見える課題についてお話いただきました。ジョン・オージェリ氏は、パリデジタル大学のUNPIdF(高等教育におけるオンライン・サービスの開発を主な活動とする公的コンソーシアム)の創立メンバーで次長を務められています。また、2016年以降、学習スペースと教育原理に関する国際的研究プロジェクトを統括するとともに、フランス高等教育研究省の専門家・アドバイザーとして、日本やアメリカなどの45大学で定期的に活動されています。

当日は、同じく4月に開室した学習スペース「ACT3((アクトスリー)」などの施設見学会もあわせて行われ、参加者からは「今までに見たことのない素晴らしい学習スペースですね」「さまざまなアイディアが生まれそう」「学生に戻ってこの施設を利用したい」などの感想があり、盛況のうちに終了しました。

ACT3、ACTriumの詳細は下記をご覧ください。

 

当日の様子1

当日の様子2

当日の様子3

当日の様子4

当日の様子5

当日の様子6

当日の様子7

当日の様子8

当日の様子9

当日の様子10