田島助教が日本出版学会賞で奨励賞を受賞しました【文学部】

2018年06月05日

帝京大学文学部社会学科助教 田島悠来が、第39回日本出版学会賞で奨励賞を受賞しました。

本賞は、2017年に刊行・発表された「出版の調査・研究の領域」における著作を対象に審査を行い、受賞作品を決定しています。

田島助教が著した『「アイドル」のメディア史――『明星』とヤングの70年代』(森話社)は、アイドル誌としての視点からおもに1970年代の『明星』を分析しており、先鋭的な若者カルチャー論にマスクされ見えにくかった70年代の若者マスボリューム層の心情が提示されていることなどが評価され、今回の受賞に至りました。

本賞の詳細は下記をご覧ください。

 

当日の様子01