スマートフォン用アプリ「スマリサ」とビーコンを活用したオープンキャンパスイベントを実施しました

2017年08月22日

帝京大学八王子キャンパスでは、オープンキャンパスの参加者に対し、大学への興味関心度の向上や、オープンキャンパス参加の満足度向上を目的に、㈱夢現舎とともにスマートフォン用アプリ「スマリサ」を活用したイベント企画を実施しました。
これは、大学構内の各所にビーコン(電波発信機器)を設置し、アプリ上でのクイズに参加することで大学に関する情報も入手できるもので、本学に興味関心を持つきっかけとなったり、説明会などのイベント会場にビーコンを設置することでイベントへの参加促進が期待されます。
さらに多言語(英語・韓国語・中国語)に対応し、留学生の来場者が利用できるように設定しました。
6月から本アプリの利用を開始し、会場ではオープンキャンパスに参加した高校生達が、アプリをダウンロードし大学構内でクイズラリーを楽しむ姿や、イベント会場でアプリを利用している様子が見受けられました。

 

利用方法

「スマリサ」をインストールし Bluetooth を起動させているスマートフォンがビーコンから発せられている電波に反応しクイズが出題されます。クイズに回答するとスタンプが付与され、一定のスタンプを集めると大学ノベルティを入手できます。

 

スマートフォン用アプリ「スマリサ」紹介

ビーコンとインターネット&クラウドを使い、スマートフォンを電子看 板(デジタルサイネージ)化することをコンセプトに、世界No.1市場デジタルサイネージプレイヤーBrightSignとの連動も可能な、インバウンド(訪日外国人)対応 のIoT(インダストリー4.0)ソリューション。基本部を構成するプログラム"mD-Signage"は、総務省情報通信国際戦略局情報通信経済室発表「2015年度公共分野における「IoT・ビッグデータ・人工知能(AI)」の利活用の現況等に関する調査研究報告書」にて観光分野におけるIoTソリューションとして選定されています。

 

ビーコン(電波発信機器)とは

Bluetooth Low Energy(BLE)省電力近距離無線通信技術を利用。ビーコンという機器から発する電波でゾーン形成しスマートフォンなど対応電子機器で受信。次のことが可能。プッシュ通知が可能。(iPhone の場合、ロック状態やアプリ未起動状態でも通知可能)iOS7以上のiPhoneおよびOS4.3以上のandroid端末にて実装可能。

 

スマリサ