「海外スポーツマネジメント研修」を受講する学生を対象とした国内ガイダンスを実施しました【経済学部】

2017年01月30日

2017年1月17日(火)、帝京大学八王子キャンパス ソラティオスクエア3階 アカデミックラウンジにて、経済学部経営学科准教授 川上祐司の講義「海外スポーツマネジメント研修」を受講する学生を対象に、海外研修に向けた第3回国内ガイダンスを実施しました。ガイダンス当日は、ユニタス外語学院の講師を招き、英語によるプレゼンテーションの練習を各チームで行いました。

2017年2月27日(月)~3月8日(水)に実施されるアメリカ研修では、Grand Canyon University(アメリカ・アリゾナ州)のスポーツマネジメントの授業にて、「わが国のスポーツビジネスについて」をテーマに、本学の学生たちがプレゼンテーションを実施する予定です。

 

川上准教授の講義「海外スポーツマネジメント研修」では、アメリカ・アリゾナ州フェニックスおよびロサンゼルスにて、本場のスポーツマネジメントを学びます。昨今のビジネス市場のグローバル化の流れにいち早く対応するため、各スポーツビジネスの最先端であるアメリカ国内にて、語学研修を兼ねた現地講師によるスポーツマネジメントプログラムを展開します。また、各スポーツビジネスの現場視察および実践も合わせ、本場アメリカでのスポーツビジネスを直接体験します。スポーツツーリズムビジネス先進都市として世界的にも有名なフェニックス。「アメリカ型スポーツ経営」で学んだ内容について更なる理解を深め、現地での学生たちの充実した活動に期待します。

 

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

 

川上祐司准教授 紹介