経済学部ゼミ研究報告会を開催しました

2017年01月17日

2017年1月11日(水)、帝京大学八王子キャンパスにて「経済学部ゼミ研究報告会」が開催され、18ゼミが「経済分析」「経営分析」「企画・マーケティング」「データ分析」の4つのセッションに分かれて、日頃の研究成果を発表しました。

 
経済学部ではゼミを必修科目としており、学外へ向けた研究成果の発表や官庁への提案、また商品開発など、学内外問わず活発に活動しているゼミが多くあります。報告会では、身近な社会問題を経済学的に考察し、新たな視点から政策提言を試みるゼミや、八王子キャンパスのある多摩地域の活性化案を発表するゼミなど、見応えのあるレベルの高い発表が続きました。発表後には、出席した教員や学生から、研究成果に関する質問の他に、今後の展開についてのアイディアも出され、報告会は盛況のうちに幕を閉じました。

 
当日はまた、本年で本学を退任される経済学科の石川治夫教授のご挨拶がありました。石川治夫教授は1990年から27年間本学で教鞭を執られ、長年ゼミ担当教員として、オープンキャンパスでゼミ発表の場をつくるなど、経済学部のゼミ活動の礎を築かれました。石川教授からは、「ゼミは、教員と学生が共に創り上げるもの。所属するゼミの担当教員や仲間に出会えたことを誇りに思ってください」と学生にメッセージが贈られました。

 

研究テーマ一覧

セッション 発表ゼミ 発表タイトル
経済分析 茅野英一ゼミ 「税と社会保障の一体改革」「ふるさと納税制度について ~返礼品に着目して~」
小林貞雄ゼミ 「少子化問題への提言」
石川正史ゼミ 「みんなの車離れ」
熊村剛幸ゼミ 「国際分業の時代で生き残るには」「まちを活性化するには」
カン・ビクトリヤゼミ 「多摩地域の食文化 ―名店の成功秘訣― 」「空き家問題 ―増加原因と解決策― 」
経営分析 飯塚陽介ゼミ 「TOTOウォシュレットの今後」「チェキ~再ブーム到来の理由~」
小島寛之ゼミ 「TPPについて」
楊錦華ゼミ 「飛躍するコンビニ~定番化した業界に変化を~」「製薬業界における新薬開発を促す戦略とは」
堀内英次ゼミ 「日本のエレクトロニクス産業の構造改革について」
石川正史ゼミ 「カーシェアリングの未来」

企画・

マーケティング

片上千恵ゼミ 「ブラインドサッカー集客向上のための施策 ~ダイバーシティ推進を目指して~」
河野正光ゼミ

「働き方改革による観光消費額増

~"旅行有給休暇制度"の導入によるワーク・ライフバランス向上への考察~」
「ボラ旅GO!! ~新しいボランティアの形~ 」

比佐優子ゼミ 「坂の上のはちみつ ~帝京はちみつプロジェクト~」
川上祐司ゼミ 「プロか?アイドルか?我が国バレーボールにおけるスポーツビジネスの可能性」
石田大典ゼミ 「学生商品開発プロジェクト「Sカレ」の成果報告」
データ分析 横山暁ゼミ 「美容系予約サイトの予約データの分析」
花井友美ゼミ 「フィールド・アスレチックの魅力を伝えるには?~清水公園の事例」
「箱根・伊豆の魅力を探る~Twitterのつぶやき分析×大学生向けプログラムの提案」
「上五島の過疎化を食い止めるためには?」
山口修ゼミ

「公的年金制度に対する学生の意識と行動の傾向

~大学生に対するアンケート調査から見えてきたもの~」

湯川志保ゼミ 「シャンプーの購入傾向」「SNSと生活満足度の関連性について」

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

当日の様子07

当日の様子08

当日の様子09

当日の様子10