八王子キャンパスにて国際交流イベント「餅つき大会」を実施しました

2017年01月12日

2017年1月7日(土)、帝京大学八王子キャンパスでは、留学生との新年の国際交流イベントとして、日本の正月の伝統行事「餅つき大会」を実施しました。

餅つきは初体験という留学生がほとんどで、国際交流アシスタントから、「日本ではお餅は長く伸びて切れないことから縁起の良い食べ物として親しまれているんですよ。」と、正月に餅をつく由来を聞くと、留学生は興味津々。餅つきのかけ声「よいしょ!」にも神様への願いが込められていると聞くと、一層大きな声で「よいしょ!よいしょ!」と元気よく餅をつきながら盛り上がりました。

磯辺巻き・あんこ・きなこと3種類の餅をみんなで味わいながら留学生と日本人学生が交流する姿が非常に印象的でした。

食後は、お正月遊び体験コーナーで輪投げやけん玉をなど、アシスタントに教えてもらいながら一緒に楽しみました。

初体験ばかりの日本の正月伝統文化に触れ、大満足の一日となりました。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05