トップアスリート育成事業メディカルチェックを奈良県の依頼により行いました

2016年12月27日

2016年12月23日(金)、帝京大学スポーツ医科学センターが奈良県からの依頼を受け、トップアスリート育成事業メディカルチェックを行いました。このメディカルチェックは、体状況を把握するための内科系、歯科系、呼吸機能のチェックに加えて、通常では発見しにくい潜在的リスクの発見を目的に、専門的なスポーツ医科学の観点から動作分析、アライメントなど9項目の整形外科的チェックも合わせて実施しました。また、スポーツ栄養レクチャー、食育アクティビティだけでなく、栄養スタッフ監修の弁当の提供なども行い、さまざまな視点からチェックを行い、アスリートの身体を見直す機会となりました。
参加したアスリートから測定項目や数値に関する意見を多く頂き、同センターにとっても有意義なメディカルチェックとなりました。

 

当日の様子1

当日の様子2

当日の様子3

当日の様子4

当日の様子5

当日の様子6