秋田県の中学生がスポーツ医科学センターを訪問しました

2016年12月08日

2016年11月30日(水)に秋田大学教育文化学部附属中学校2年生の生徒3名が、帝京大学スポーツ医科学センターを訪問しました。

今回の来学は、将来スポーツに携わる仕事を希望している生徒が、修学旅行の一環で職場訪問をするもので、午前は診察時に使用するエコー機器を使い自分の身体を診るなど、実際の業務の一部を体験しました。午後からはスタッフと交流し、将来めざす職業についての質問や自分がスポーツをするうえでの疑問など、さまざまな質疑応答を行いました。

この来学が、今後の進路を考えるうえで貴重な経験になればと思います。

また、対応したスタッフも、生徒の熱心な様子に、自分の仕事について改めて考える良い機会となりました。

これからもスポーツ医科学センターは、社会貢献に取り組んでいきます。

 

当日の内容

センター概要紹介

キャンパス内診療所見学

キャンパス構内見学

講義(テーピング論)見学

学生食堂での昼食

スタッフとの交流

 

当日の様子1

当日の様子2