帝京大学スポーツ医科学センターが、EXOSパフォーマンスメンターシッププログラムを開催しました

2016年11月29日

2016年11月24日(木)~27日(土)の4日間、帝京大学スポーツ医科学センターが、EXOSパフォーマンスメンターシッププログラムを開催しました。
このプログラムはユニークかつ論理的なトレーニング論で世界中のトップアスリートを継続的に成功に導いており、今回の講義のために全国から多くの参加者が八王子キャンパスを訪れました。実技も含んだ3日間の集中講義は大変盛況となりました。

 

これからも帝京大学スポーツ医科学センターは、トップアスリートとそれらを支える環境づくりの活動を積極的に行い、トップアスリートの活動や成長を支えます。

 

当日の講義内容

EXOS Japanese Performance Training Mentorship (Phase 1)

日時:2016年11月24日(木)~27日(土)

場所:帝京大学八王子キャンパス

講義内容(実技も含む)

EXOSのトレーニング論

ファンクショナルムーブメントスクリーン(FMS)

傷害予防&ピラーストレングス

プライオメトリクス

アクセレレーション(加速のテクニック)

アブソルートスピード(トップスピードのテクニック)

マルチディレクショナルスピード(多方向へのテクニック)

ストレングス&ローテーショナルパワー

エナジーシステムディベロップメント(コンディショニングトレーニング)

リジェネレーション(回復運動)

 

当日の様子

当日の様子

当日の様子

当日の様子