ブレーズ・パスカル大学との学術交流協定の調印式が行われました

2016年05月27日

2016年5月23日(月)、帝京大学板橋キャンパスにて、本学とブレーズ・パスカル大学(フランス・クレルモン=フェラン郡)の間で、学術交流協定の調印式が行われました。ブレーズ・パスカル大学からはMme Anne Garrait-Bourrier(ガレー=ブリェ アンヌ)国際交流担当副学長、Mme Stephanie Lamaison(ラメゾン ステファニー)国際交流局長、M.Bastien Chevalier(シュヴァリェ バスティアン)理工学部講師の3名が来学され、本学理事長冲永佳史により調印がなされました。

ブレーズ・パスカル大学は5つの学部と3つのエンジニア高等学校、26の研究所などを擁する総合大学で、学生数は約16,000名、留学生数は2,400名にのぼります。

当日は、スライドを用いての両校相互に行った概要紹介と調印式を実施しました。その後は、本学板橋キャンパスの視察も行われました。

 

ブレーズ・パスカル大学は本学外国語学部の留学先にも指定されており、今後さらに交流を進める中で互いの国の文化・歴史への理解がより深まることが期待されます。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06