ラジオ番組「アニちゅんFUKUOKA」に橋田昌弘教授が出演します

2019年12月26日

帝京大学福岡キャンパスでは、ラジオ番組CROSS FMにて毎週木曜日23時~24時に放送中のラジオ番組「アニちゅんFUKUOKA」で10分間のコーナーを放送しています。番組内では、アニメ・漫画・ドラマなどの医療作品を取り上げながら、業務の内容・意義・やりがいや、作品の中で描かれることと実際の現場との違いなどを医療現場での実務経験をもつ福岡医療技術学部の教員が現場の生の声をリスナーの皆さまに届けます。

2020年1月の放送は、漫画「フラジャイル 病理医岸京一郎の所見」を通して、同学部診療放射線学科教授 橋田昌弘より、診療放射線技師についてお話しします。2019年6月には漫画「ラジエーションハウス」を通して職業の内容を中心にお話ししましたが、今回はコンピュータ断層撮影法(CT)の登場により大きく変化することとなった診断の歴史や、高精度化が進む最新の医療機器など、「診療放射線技師の世界」についてより深く迫ります。

放送対象地域でない方や、リアルタイムで聴くことが出来ない方は、スマートフォンやパソコン等でラジオが聴けるサービス「radiko」をご利用いただくことも可能です。

初回放送日は2020年1月2日(木)です。進路に迷っている方や、アニメ・漫画・ドラマに興味がある方にもおすすめの内容となっています。2016年にはTVドラマ化もされ、現在も「月刊アフタヌーン」で連載中の同作品。マンガの世界とリアルの世界の違いをぜひお聴きください。

 

当日の様子01

当日の様子02