ラジオ番組「アニちゅんFUKUOKA」に沖雄二教授が出演します

2019年08月09日

帝京大学福岡キャンパスでは6月から9月にかけて、ラジオ番組CROSS FMにて毎週木曜日23時00分~24時00分に放送中のラジオ番組「アニちゅんFUKUOKA」で10分間の期間限定コーナーを放送しています。番組内では、アニメ・漫画・ドラマなどの医療作品を取り上げながら、業務の内容・意義・やりがいや、作品の中で描かれることと実際の現場との違いなどを医療現場での実務経験をもつ福岡医療技術学部の教員が現場の生の声をリスナーの皆さまに届けます。

2019年8月15日(木)・22日(木)・29日(木)の放送では、実際に作業療法士として働く、えだなるみさんが作者の4コマ漫画、「りはジョ!!」を通して、同学部作業療法学科教授 沖雄二より「作業療法士」の魅力についてお話しします。実習、国家試験、実際に働き出してからの苦労と喜び、そして沖教授が取り組んでいる筋電義手の製作など、幅広くお話ししますので、ぜひお聴きください。

また、コーナー内では同学部の学生がCMに出演し、本学での学びやオープンキャンパスの情報も発信します。放送対象地域でない方や、リアルタイムで聴くことが出来ない方は、スマートフォンやパソコン等でラジオが聴けるサービス「radiko」をご利用いただくことも可能です。

初回放送日は8月15日(木)です。アニメ・漫画・ドラマに興味がある方はもちろん、進路に迷っている方にもおすすめの内容となっています。番組に出てくる筋電義手はオープンキャンパスで実際に見ることができるので、少しでも興味を持った方は福岡キャンパスにお越しください。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03