本学学生が全国学生救急救命技術選手権に出場しました【福岡医療技術学部】

2019年01月09日

2018年12月15日(土)、国士舘大学多摩キャンパス(東京都多摩市)で全国学生救急救命技術選手権が行われ、帝京大学福岡医療技術学部医療技術学科救急救命士コースの代表として6人の学生が出場しました。

同選手権は5年に一度行われる全国大会であり、学生のさらなる救急救命技能の向上を目的に、一般社団法人全国救急救命士教育施設協議会が主催しています。本コースのチームは11月24日(土)に行われた第6回南日本学生救急救命技術選手権で見事優勝し、出場権を獲得しました。1チーム6人編成で行われ、内因性・外因性・心肺機能停止(Cardiopulmonary arrest:CPA)・外傷と2つの特別ステージの計6つのステージを順に巡り救命活動を実施しました。各ステージが開始される直前に傷病者の概要のみが伝えられ、傷病者の発見者や家族とのやりとりや現場での接触を通して、なぜ傷病者が倒れているのかを探っていき、病院の選定から搬送までの一連の流れを行い、対応力や判断力を評価します。

当日は、地区大会よりも難易度の高い課題が出題されましたが、学生たちは日ごろ培った訓練の成果を存分に発揮しました。惜しくも総合成績での入賞はなりませんでしたが、心肺蘇生のステージと特別ステージでは3位に入賞することができ、来年の地区大会に向けて期待のもてる結果となりました。

引き続き、地域に貢献できる救急救命士をめざし、日々訓練を行っている本コースの学生に温かい応援をよろしくお願いします。

 

出場選手

赤嶺 天太さん (福岡医療技術学部3年)

田邉 晟さん (福岡医療技術学部3年)

吉元 駿祐さん (福岡医療技術学部3年)

吉永 秀成さん (福岡医療技術学部3年)

米田 京華さん (福岡医療技術学部3年)

金子 茉鈴さん (福岡医療技術学部3年)

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06