村上輝夫教授が2016年度日本機械学会賞(論文)を受賞しました

2017年05月16日

2017年4月20日(木)、明治記念会館(東京都港区)にて2016年度日本機械学会賞の表彰式が行われ、帝京大学福岡医療技術学部医療技術学科教授 村上輝夫が、2016年度日本機械学会賞(論文)を受賞し、表彰されました。日本機械学会賞は、「日本の機械工学・工業の発展を奨励する」ことを目的として設けられた賞です。

今回受賞した論文は、「生理的・能動的膝運動が可能な新型シミュレータの開発」という題で、九州大学バイオメカニクス研究センター特任教授廣川俊二氏(故人)、九州大学工学研究院機械工学部門教授木口量夫氏、大分大学工学部機械・エネルギーシステム工学科准教授福永道彦氏との共著論文です。また、本研究で開発された膝関節シミュレータは、二関節筋と一関節筋による駆動方式を用いて、股関節と膝関節が連動する機能を持つ、深屈曲動作が可能な、生理的・能動的膝運動を可能とする次世代型のシミュレータです。

本論文は、下記リンクからご覧いただけます。

 

【出典】

廣川俊二・村上輝夫・木口量夫・福永道彦

「生理的・能動的膝運動が可能な新型シミュレータの開発」

『日本機械学会論文集』第81巻、第824号(2015-4)

 

賞状

メダル

村上輝夫教授紹介