理工学部

理工学部の特長

独創的な技術と柔軟な思考力を育てる

本学部では「物質」「エネルギー」「情報」「生命」などを、人類や社会福祉のために有効活用することを共通の理念としています。そのうえで、科学技術の急速な進展と産業構造や国際情勢の劇的な変化に即応できるよう授業内容を整備。人文・社会科学も含めて、工学一般に共通する基礎学理を理解・把握でき、幅広い視野と国際感覚を持った人材の育成をめざしています。

オープンカリキュラム

理工学部の学生は、原則として実習・演習などの科目は除き宇都宮キャンパスの各学部・学科の専門科目の一部を履修できます。修得した単位は自学科で修得した単位として認定されます。

アドミッション・ポリシー(求める学生像)

理工学部は、さまざまな問題が地球規模で複雑に絡み合った現代社会において、幅広い視野を持つことが不可欠な現状を踏まえ、幅広い基礎学問の修得の上に立ち、現場につながる実学と最先端技術とを学ぶ場を提供し建学の理念に沿う創造力を持った技術者の育成を目指しています。
入学者選抜に当たっては、高等学校等で、志望する専門学科の種類に応じて数学、物理、化学、生物、情報基礎の理系科目のうちの少なくとも2科目の基礎学力があり、また、国語や英語等のコミュニケーション能力に必要な科目の基礎学力があることが求められます。
高等学校等における学修を通じて、次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  1. 1.理工学に対して豊かな感性を持ち、何事にも好奇心を持ってチャレンジできる。
  2. 2.理工学の関連分野の他の人や組織とよくコミュニケーションを取り合い、種々の課題に積極的に参画して対処していく意欲がある。

 

理工学部 学科紹介

機械・精密システム工学科

自然豊かな宇都宮キャンパスには、ものづくりのための実習工場、CAD室、自動車整備実習場などの充実した施設や、フェアレディZなどの実車、整備診断装置の数々が揃います。実習や実験は少人数指導を徹底。ていねいな授業で、分かりやすい講義と指導を行います。また4年制大学では東日本初の、オートモビル・テクノロジー・コースを開設。コース専用センターも完備しており、最高の環境でエンジニアのスペシャリストを育成します。

航空宇宙工学科 航空宇宙工学コース

スカイスポーツから有人惑星探査まで、空の仕事に携わるために必要な航空宇宙工学の基礎を、実習や特別プロジェクトを通して学びます。また、カリキュラムは航空宇宙工学の基礎となる、製図、基礎工学実験、航空宇宙工学演習1、2、および航空宇宙工学実験1、2を必修科目とし、基礎科目とともに実験・実習を重視しています。

航空宇宙工学科 ヘリパイロットコース

4年制大学唯一の養成コースとして、単に操縦技能が優れているだけでなく、航空宇宙工学のエンジニアとしての知識と一般教養を併せ持った人間性豊かな人材を育成しています。1期生はすでに全員事業用の回転翼操縦士技能証明を取得し、現在はプロの操縦士をめざしています。操縦訓練に使用するのは、米国ロビンソン社のR22です。

情報電子工学科

現代の快適で豊かな暮らしや最先端の科学技術は、情報科学とエレクトロニクスを基礎とするシステムの上に成り立っていると言えるでしょう。情報システム領域と電子システム領域がコンピュータの利用技術を核に融合された本学科では、豊かな創造力と優れた課題解決力を備えた、システム構築力の高い情報技術者とソフトウエアを組み込めるエレクトロニクス技術者を育成します。

バイオサイエンス学科

地球温暖化防止のためにCO2の削減が地球全体の課題となっている今、注目を集めているのが自然エネルギーであるバイオ燃料です。燃料のみならず、本学科では微生物、植物、動物に関してさまざまな研究が行われています。バイオサイエンスに関連する充実した実験と、先端技術に関する学習を重視し、社会に貢献する人材を育成します。