薬学部

薬学部の特長

医薬を科学し、人の健康に貢献する

薬の専門家である薬剤師は、医師や看護師とともに医療の一翼を担っており、その重要性は急速に高まっています。本学部では、化学などの基礎分野から医療の最先端に至るまで、高度な知識や技術だけでなく、科学の目も併せもった人間性豊かな薬剤師を養成。附属病院などの充実した医療教育環境を生かし、実践的な実務教育を行います。

チーム医療

同じキャンパスに医療系3学部(医学部・薬学部・医療技術学部)が集結する帝京大学での学びは、一足早いチーム医療の実践となります。敷地内に医学部附属病院が隣接する環境では、患者さんを中心とした医療を理念から学び、最先端の臨床現場を身近に感じられます。

アドミッション・ポリシー(求める学生像)

薬学部は、確かな知識と技能に基づく実務実践力、洞察力と探究心に基づく問題解決能力・自己研鑽能力を有し、広く社会から信頼される薬剤師の養成を目指しています。
薬剤師は、「薬」を物質として科学的に理解し取り扱える医療人であり、豊かな人間性も必要とされています。薬学部では理系全般にわたる広範な内容を学びますが、とりわけ高等学校等においてしっかり身につけておく必要があるのは、その土台となる科学の素養です。
高等学校等における幅広い学修を通じて、次のような資質を備えた入学者を求めています。

  1. 1.人々の健康増進のために役立とうとする志を持っている。
  2. 2.化学を中心とした理科の知識と計算力および論理的な思考能力がある。
  3. 3.旺盛な探究心を持っている。
  4. 4.適正なコミュニケーションをとるべく努力できる。

薬学部 学科紹介

薬学科

医学部附属病院に隣接する新校舎は最新の学習・研究設備を備え、医療の最前線で学ぶ理想的な環境です。医学部、医療技術学部と連携した基礎教育や模擬薬局を使った実践的な実習にもさらに力を入れ、薬剤師になるための学習支援や国家試験対策などのサポート体制も万全。薬に関する正確な知識や高度な技術と同時に、チーム医療のもとで必要とされる人間性やコミュニケーション能力まで、あらゆる面で力を発揮できる「薬のプロ」を育成します。