医学部

image

医学部の特長

医師としての最新の医学知識・技量を身につけた良医を育てる

よき医師として必要な医の倫理、円滑な人間関係を保つ基本となるコミュニケーション能力、グローバル世界に対応するための第一歩として英語教育に重点をおいて教育します。2・3年次では基礎医学、3・4年次では社会医学・臨床医学を学び、5年次でそれまで学習してきた知識や技能を実地の場で活かす臨床実習を行います。最終学年では、クラークシップ制による選択制臨床実習により、更に実践的な診断・治療を体験。また、この期間に希望者には学内選考により海外提携大学での臨床実習を選択することも可能です。

チーム医療

同じキャンパスに医療系3学部(医学部・薬学部・医療技術学部)が集結する帝京大学での学びは、一足早いチーム医療の実践となります。敷地内に医学部附属病院が隣接する環境では、患者さんを中心とした医療を理念から学び、最先端の臨床現場を身近に感じられます。

アドミッション・ポリシー(求める学生像)

医学部は、最新の医学・医療に習熟した専門医、チーム医療の中核を担う臨床医、在宅、僻地等で医療を支える地域医療従事者など、社会のニーズを満たすよき医師の育成を目指しています。高等学校等における幅広い学修を通じて、次のような資質を備えている入学者を求めています。

  1. 1.医学を学ぶ上で必要な基礎学力を有している。
  2. 2.高い倫理観と奉仕の心を備えている。
  3. 3.協調性とコミュニケーション能力を有している。
  4. 4.自立した学習態度、問題解決能力を有している。
  5. 5.医学に対する強い熱意・関心・意欲を有している。

医学部 学科紹介

医学科

社会の高齢化により、医療を支える人的資源はますます厳しい状況です。先端医療を担う特定機能病院だけではなく、クリニック、在宅、僻地などで多様な医療を提供できるよき臨床医の養成が不可欠となってきています。本学科は、短期間で少数科目を集中的に学習し、次年度に繰り返す積み上げ方式で学ぶ効果的なカリキュラムや、問題解決型の少人数グループ学習授業など医師になるための学びの場を提供。6年間で「よき医師」としての素地を身につけます。