福岡医療技術学部

福岡医療技術学部の特長

チーム医療の一翼を担う人材として高度な知識・技術を身につけ九州の医療を支える医療人をめざす

2014年4月、福岡医療技術学部では、幅広い教養教育を通して、チーム医療の中核として活躍できる医療人を養成します。カリキュラムには「チーム医療」など4学科の共通科目があり、異なる学科でありながら同じ“医療”に携わる学生同士が協力し、関連職種と連携・協働できる人間性を育みながら、チーム医療の協調的リーダーシップを有する人材を養成します。

アドミッション・ポリシー(求める学生像)

福岡医療技術学部は、高度医療を担う一員として必要な知識・技能を有し、いたわりの心や国際的視野を持って、地域の医療や保健、福祉などに貢献できる人材の育成を目指しています。
このため、高等学校等での基本的な知識の学習に加え、学校行事や地域活動などに積極的に参加して、自主性・社会性・協調性を身につけておくことが重要です。
高等学校等における上記のような学修を通じて、次のような能力・資質を備えた入学者を求めています。

  1. 1.明確な目的意識を持ち、主体的な学習ができる。
  2. 2.他者の意見や助言を聞き、自分の考えを的確に表現することができる。
  3. 3.偏見を持つことなく、他者と積極的に関わり、相互理解に努めようとする態度を有している。
  4. 4.人々の病気や障害、健康に関心を持ち、いたわりの心を持った医療専門職として社会貢献する強い意欲を有している。

福岡医療技術学部 学科紹介

理学療法学科

治療や訓練により失われた機能を回復させ、患者さんの社会復帰を促すリハビリテーションが、新しい医療分野としてますます注目されています。この分野で活躍するリハビリテーションの専門家が理学療法士(PT)です。本学科では知識、技術の修得はもちろん、患者さんの心を理解できる豊かな人間性を育むとともに、保健、福祉、スポーツの領域など、幅広いフィールドでも活躍できる理学療法士を養成します。

作業療法学科

作業療法士は医師の指示のもとで、障がい者に食事や洗面、着替えなどの作業訓練を指導・援助し機能の回復を助けます。患者さんが望むその人らしい生き方を、作業を通じて支援していくことが大きな目標となります。本学科では、医学、医療の知識や技術だけでなく、豊かな人間性を構築するために徹底したセラピスト教育と、作業療法の先進国であるアメリカでの海外研修を実施。豊かな人間性と国際性に優れた、医療人を育成します。

看護学科

高齢化社会が進み、地域では、ますます医療の力が必要とされます。また地域の人びとの健康をサポートする保健師や、出産や女性の健康支援を手助けする助産師の存在も欠かせません。そこで福岡医療技術学部の看護学科では、看護技術や人間力を磨きながら、地域の保健・医療・福祉をリードしていける力を持った未来の看護師・保健師・助産師を養成します。

診療放射線学科

放射線医療分野の医療技術はめまぐるしく進歩しています。診療放射線技師は、常に放射線を使いこなす高度な技術や知識を身につける必要があるため、福岡キャンパスでは国内最高峰の画像診断装置を備えています。また、関連施設の協力により、地域に密着した臨床実習を通して、地域の保健・医療・福祉に貢献できる診療放射線技師を養成しています。

医療技術学科 救急救命士コース

「病院前救護活動」に関して、科学的根拠に基づいた活動を、安全かつ迅速・的確に展開するための基礎的な実践能力を持った救急救命士を育成します。

医療技術学科 臨床工学コース

進化する医療技術に迅速に対応できる高度な基礎能力を身につけます。あわせて、豊かな人間性と、人間性の深い理解や高い倫理観、生命への尊厳、独立した判断力と課題探究能力を持った優れた人材を育成します。