理工学部 大学入試センター試験利用入試

2018年度の入試情報を掲載しています。
ヘリパイロットコースの入試情報については別ページに記載しています。

募集人員

(人)

学科・コース 入学定員 募集人員
AO 推薦※1 一般 センター利用※3
I期 II期 I期※2 II期 III期
機械・精密システム工学科 50 7 5 8※5 15 7 3 5
航空宇宙
工学科
航空宇宙工学コース 45※4 6 4 4※5 15 6 4 6
ヘリパイロットコース
情報電子工学科 70 10 7 11※5 21 11 3 7
バイオサイエンス学科 100 15 10 15※5 30 15 5 10

●各試験区分の募集人員は手続者数の目処とします。

  1. ※1 推薦入試の募集人員は、公募制・指定校制を合わせた数です。
  2. ※2 一般入試I期の合格者で、成績上位の者を奨学特待生とします。
  3. ※3 大学入試センター試験利用入試の募集人員は、前期・後期募集を合わせた数です。
  4. ※4 航空宇宙工学科ヘリパイロットコースはAO入試、一般入試、大学入試センター試験利用入試のみ実施します。
    なお、ヘリパイロットコースの定員は20名を上限とします。
  5. ※5 ジュニアマイスター顕彰特別推薦(10名)を含む募集人員です。

選考方法

2018年度大学入試センター試験において、本学が指定する教科・科目の成績により、高得点3科目の合計で合否を判定します。本学での個別学力検査は行いません。

入試日程

区分出願期間選考試験日合格発表日入学手続締切日
前期 2018年1月4日(木)
~1月12日(金)
大学入試
センター試験
2月7日(水) (一次締切)
2月14日(水)
(二次締切)
2月21日(水)
後期 2018年2月19日(月)
~2月28日(水)
大学入試
センター試験
3月9日(金) 3月15日(木)

指定科目

学科 教科 科目 選択 配点 個別学力
検査等
機械・精密システム工学科
航空宇宙工学科
(航空宇宙工学コース)
情報電子工学科
外国語 「英語」※1 必須 各科目100点
合計300点満点
本学での個別学力検査は行わない
数学 「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」
「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・数学B」
1科目
選択必須※2
理科 「物理」
数学 「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」
「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・数学B」
1科目選択※2
理科 「物理」「化学」「生物」「地学」
国語 「国語」(近代以降の文章)
バイオサイエンス学科
外国語 「英語」※1 必須
理科 「化学」「生物」 1科目
選択必須※3
数学 「数学Ⅰ」「数学Ⅰ・数学A」
「数学Ⅱ」「数学Ⅱ・数学B」
1科目選択※3
理科 「物理」「化学」「生物」「地学」
国語 「国語」(近代以降の文章)
  1. ※1 「英語」は、筆記試験(200点満点)を100点満点に圧縮した点と、筆記試験にリスニングテスト(50点満点)を加えた点(250点満点)を100点満点に圧縮した点の2通りを算出し、高得点を採用します。
  2. ※2 「数学2科目」の組み合わせは認めません。3 科目以上受験した場合は、高得点の2科目を合否判定に採用します。ただし、高得点2科目のうち1科目は選択必須科目とし、残りの1科目は選択必須科目として採用された科目を除く、高得点の科目を合否判定に採用します。
  3. ※3 3科目以上受験した場合は、高得点の2科目を合否判定に採用します。ただし、高得点2科目のうち1科目は選択必須科目とし、残りの1科目は選択必須科目として採用された科目を除く、高得点の科目を合否判定に採用します。

利用できる特典・制度

◆帝京大学入試出願前奨学金制度
(地方創生給付奨学金)-宇都宮キャンパス限定-

帝京大学宇都宮キャンパスの学部・学科・コースへの入学を希望し、学業成績が良好で勉学意欲のある国内高等学校出身者に対し、経済的支援として奨学金を給付する「帝京大学入試出願前奨学金制度」は、出身地を限定せず、他大学の併願もでき、入試出願前に採用内定が決定する奨学金です。返還義務のない給付型奨学金で、給付は入学後4年間続くので、安心して勉強することができます。

◇給付人数 理工学部 80名
◇給付金額 理工学部:年額55万円
◇給付期間 原則として4年間(毎年継続審査あり)
募集要項など詳細はこちら

   
地方創生

 

関連リンク