大学入試センター試験利用入試 特長

他を選ぶ

2018年度の入試情報を掲載しています。

帝京大学 大学入試センター試験利用入試

選考方法

医学部

  1. ■一次選考
    2018年度大学入試センター試験において、本学が指定する教科・科目の成績により、高得点3科目の合計で合否を判定します。
  2. ■二次選考
    一次選考合格者に限り、本学独自の英語(長文読解)の試験と課題作文の試験、面接を行い、合否を判定します。なお、面接は受験者1名に対し教員2名で10分程度行います。

薬学部

  1. ■一次選考
    2018度大学入試センター試験において、本学が指定する教科・科目の成績により、高得点3科目の合計で合否を判定します。
  2. ■二次選考
    一次選考合格者に限り、本学独自の面接を行い合否を判定します。なお、面接は受験者1に対し教員2名で5分程度行います。

経済学部★・法学部★・文学部・外国語学部・教育学部・理工学部(機械・精密システム工学科・航空宇宙工学科航空宇宙工学コース・情報電子工学科・バイオサイエンス学科)

2018度大学入試センター試験において、本学が指定する教科・科目の成績により、高得点3科目の合計で合否を判定します。本学での個別学力検査は行いません。

医療技術学部・福岡医療技術学部

  1. ■一次選考
    2018度大学入試センター試験において、本学が指定する教科・科目の成績により、高得点3科目の合計で合否を判定します。
  2. ■二次選考
    一次選考合格者に限り、本学独自の面接を行い合否を判定します。なお、面接は受験者1名に対し教員2名で5分程度行います。

理工学部(航空宇宙工学科ヘリパイロットコース)

  1. ■一次選考
    2018度大学入試センター試験において、本学が指定する教科・科目の成績により、高得点3科目の合計で合否を判定します。

★経済学部国際経済学科、法学部政治学科を2018年4月に開設。

利用できる入試制度

入学手続時納入金分納制度(前期)

経済学部★・法学部★・文学部・外国語学部・教育学部・理工学部(機械・精密システム工学科・航空宇宙工学科航空宇宙工学コース・情報電子工学科・バイオサイエンス学科)

前期の合格者は、一次締切日までに入学金を納入し、残額は二次締切日までに納めることもできます。ただし、一次締切日までに入学金を納入しない場合、または二次締切日までに残額を納入しない場合は、入学の意思がないものとみなし、入学許可を取り消します。

★経済学部国際経済学科、法学部政治学科を2018年4月に開設。

大学入試センター試験利用入試実施学部

入試日程や選考方法など各学部・学科の大学入試センター試験利用入試の情報を掲載しています。

理工系学部入試制度