講演会を開催しました

2018年01月11日

2017年11月20日(月)、帝京大学板橋キャンパス内の臨床大講堂において、順天堂大学医療看護学部教授 湯浅美代子氏をお招きし、「急性期病院における認知症高齢者への対応と課題」をテーマに講演会を開催しました。当日は、認知症の主要症状(記憶障害、認知障害)を含め多面的にアセスメントすること、認知症をもつ患者さんの言動から本意(ニード)や意味・心情を考えて対応すること、コミュニケーションと環境を工夫すること、ケアチームでのアプローチが重要であることを事例を交えてわかりやすく講演していただきました。病院内外の看護職や看護学生など約300名の参加があり、講演会に対するアンケートでは90%以上の参加者が満足と回答し盛況に終わりました。

 

当日の様子

当日の様子

キーワードで検索