帝京大学臨床研究センターにおける研究・活動の紹介

世界基準の研究を実現すべく、研究の推進と教育を行っています

全学的な研究事業の推進軸となるとともに、ARO(Academic Research Organization)としての役割を担っており、医療系学部・研究科や附属病院と連携し、研究支援から教育まで広範な事業を対象に活動を行っています。

主な活動内容

事業対象

■薬剤・健康食品などの効果や適用についての臨床研究
■新しい医療機器・設備を用いた診断・治療法の開発
■臨床疫学的手法に基づく診療の評価
■解析コンサルティング・教育

 

活動内容

■Scientific Leadership(調査研究企画・論文執筆責任)
■Project Management Support(プロジェクトマネジメント支援)
■Biostatistics(解析計画・統計解析)
■Clinical Events Classification(プロトコール作成の専門業務)
■Clinical Helpline(調査運用期間の参加医師向けのヘルプデスク対応)
■Communications(研究組織編制・医師向け説明会・症例検討会の運営)
■Core Laboratories(画像診断や検査業務など)
■Randomization(無作為割付)

■Data Management(データマネジメント業務全般)
■Audit(監査)
■Safety Surveillance(安全性の評価・有害事象対応)
■Project Management(予算・日程・外注などのプロジェクト全体の管理)
■Site Contracts and Payments(施設との契約・支払管理業務)
■Site Management and Clinical Monitoring(施設業務の導入・管理と症例登録管理)
■Electronic Data Capturing(EDCシステムの設計・開発・導入)
■Institutional Review Board(倫理審査手続き)
■Funding(助成申請業務)
■Patent Management(特許申請手続き)

研究・活動報告

TARCセミナーの開催情報については、イベント情報のページをご確認ください。

臨床研究センターの研究・活動内容01

臨床研究センターの研究・活動内容02

臨床研究センターの研究・活動内容03

臨床研究センターの研究・活動内容04

キーワードで検索