帝京大学チアリーディング部がUniversity of California Los Angeles (UCLA)を訪問しました

2016年09月23日

帝京大学チアリーディング部は、「アメリカの大学スポーツを肌で感じる」ことを目的に、2016年9月6日(火)~10日(土)の日程で米国University of California Los Angeles (UCLA)を訪問しました。全米屈指のスポーツ施設やアスレティックゾーンを見学し、UCLAチアリーダーやダンスチームの方々とも触れ合いました。また、最終日にはUCLAアメリカンフットボール部のホーム試合観戦も行い、学生選手の活動環境や大学スポーツがエンターテイメントとなる工夫を肌で感じる機会となりました。
今回の訪問を通して、帝京大学チアリーディング部は、「私たちも強化クラブとして大学でたくさんの方々から応援していただきながら活動していますが、全てに対して受け身であるので、もっと積極的に活動するべきであると感じました。また大きな地域貢献ができなくても、競技会へ向けての活動にとどまらず、視野を広げ、たくさんの人を元気づけることで、また自分たちが高められていくのではないかと思います。」との感想が寄せられました。

帝京大学スポーツ医科学センターは上記のような活動を積極的に行い、アスリートの活動や成長を支えます。

 

当日の様子1

当日の様子2

当日の様子3

当日の様子4

当日の様子5

キーワードで検索