帝京大学医真菌研究センターにおける研究・活動の紹介

医真菌学の発展のため、多岐にわたる研究・活動に取り組んでいます

本センターとしての活動の内容は、真菌症の診断・治療法の開発、病原真菌の病原因子と薬剤耐性機構の解析、真菌細胞の超微細構造の解析、さらに病原真菌の主要な特性に関する分子生物学的研究など、多岐にわたります。

主な研究・活動

■有用な真菌株資源の保存活動(TIMMコレクション)

■抗真菌薬の薬効評価を中心とする前臨床的研究
■遺伝子診断法の開発
■宇宙ステーションなど特殊環境における真菌の動態に関する研究
■病原真菌の微細構造と機能解析に関する研究
■抗真菌薬および各種抗真菌物質の作用機序の解析に関する研究
■動物モデルを用いた真菌感染症の病態解析に関する研究
■起因菌の感染メカニズムに関するタンパク質および遺伝子レベルの解析
■真菌感染に対する生体防御能に関する研究
■真菌感染あるいは真菌成分による生体の免疫能の調節および天然物による感染制御に関する研究

キーワードで検索