帝京大学学修・研究支援センターの概要

「知識」「探究」「コミュニケーション」を重視した教養教育を推進しています

大学における教養教育の位置づけは、大学ごとで異なります。多くの大学はディプロマポリシーを具現化するため、専門教育の充実にしのぎを削っています。しかし、専門教育の質を高めるためにも、教養教育の涵養が不可欠です。教養教育をどのように捉えるか、時代とともに変遷してきました。多くの大学では、未だ、専門教育の基礎教育と位置づけています。教養教育は、学生が社会に出てからも役立つ、批判的思考力、洞察力、複眼的視野を育むためのものでなければなりません。教養教育は、大学教育の質を測るバロメーターとなります。昨今、「グローバル人材」「グローバル社会」の重要性が喚起されているなかで、大学教育、なかでも教養教育をどのように位置づけるかが問われています。本センターでは、「知識力」「探究力」「コミュニケーション力」を備えたグローバル市民の育成を目標に掲げ、これに対応する3つの機能「学修支援部門」「教養教育部門」「研究支援部門」をセンター内に設置し、各学部・学科と密接な協力関係のもと、本学がめざす教養教育を行っています。 本センターの活動は、初年次レベルに留まらず、大学全体の学修および研究支援も包括します。すなわち、各学部学科のカリキュラム・ポリシーはもとより、ディプロマポリシーにも、このグローバル市民の育成の理念を反映します。新しいセンターは少数精鋭でありますが、客員教授制を導入して、内外から幅広く人材を確保して、センターの活動に当たります。

キーワードで検索