帝京大学高等教育開発センターの概要

教職員の職能開発を行い、高等教育の質的向上に取り組んでいます

本センターでは、高等教育の質的向上のため、教職協働に加え学生の参画も得て組織的に取り組むファカルティ・ディベロップメント(FD)活動を推進しています。本センターの設立の経緯や、活動の礎となる理念をご紹介します。

学長からのメッセージ

理事長・学長
理事長・学長
冲永 佳史

東京都生まれ。慶応義塾大学理工学部を卒業後、同大学大学院理工学研究科機械工学専攻修士課程修了。現在、学校法人帝京大学理事長・学長。学校法人帝京大学帝京大学短期大学学長。

本学では、建学の精神に基づいた教育理念である「自分流」を学生たちが身につけられるように、主に文系学部を擁する八王子キャンパスでは学部・学科、研究科などの委員会によるFD(ファカルティ・ディベロップメント)活動を通して、これまで授業改善に努めてきました。
2011年4月、本学の八王子キャンパスに本センターを設置し、本学におけるFD活動のさらなる充実をめざすことになりました。2008年の大学設置基準の改正によるFD義務化以降、各大学ではさまざまなFDへの取り組みが行われていますが、そこでの活動は大学がどのような学生を育て、社会に送り出すか、大学としてのディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)が反映されたものでなければなりません。そのような認識の下に、本センターでは「教職協働」、「学生参画」を基盤に、教学全体の改善を推し進めたいと考えています。

キーワードで検索