帝京大学文化財研究所の概要

文理融合を意識した学際的研究活動を推進しています

文化財を保存・活用し、歴史研究の資料とするためには、人文科学的観察と自然科学的分析の文理融合が不可欠です。本研究所では最新の分析装置を駆使した研究が進められており、関連学会から高い評価を得ています。さらに、国内外から専門家を招聘し、技術研修や研究交流もさかんに行われています。また、大学院生用の宿泊施設も完備し、学生が集中して研究に取り組むことのできる環境を整えています。

キーワードで検索