人工衛星『TeikyoSat』開発の歩み

人工衛星『TeikyoSat-3』誕生までの歩み

2008年にスタートした「TeikyoSat」プロジェクト。初代「TeikyoSat」は、空き缶大の超小型衛星模型でした。その後、理工学部久保田弘敏教授の呼びかけで、工学系クラブ「宇宙システム研究会」が発足。2010年には「第18回衛星設計コンテスト」で日本機械学会賞を受賞、2011年にはJAXAが打ち上げるH2Aロケットに相乗りが決定するなど、一歩ずつ着実に前進してきました。2014年2月、5年の歳月をかけて宇宙に打ち上がった「TeikyoSat-3」は、地上400kmの上空を飛行し、地球を約90分で1周します。

工学系クラブ「宇宙システム研究会」が開発

「宇宙システム研究科」

理工学部航空宇宙工学科久保田弘敏教授、河村政昭助教が率いる工学系クラブ「宇宙システム研究会」。「学生が自らの手で衛星を作って打ち上げることで、科学の力を認識してほしい」という久保田教授の想いから2009年に誕生しました。5年の間にプロジェクトに携わった学生の数は約50名。何もわからないところから、学内外の研究室を訪ねてノウハウを学んだり、県内の企業の協力を得たりと、一つずつ課題を乗り越えてきました。学生たちの想いが手づくりの人工衛星に乗って、宇宙に飛び立ちました。

『TeikyoSat』計画

2008年度 ・TeikyoSat1号、2号の完成(Cansatキットによる基礎実験)
2009年度

・「宇宙システム研究会」クラブ設立

・微生物観測衛星TeikyoSat3号概念検討

2010年度

・地上局設置、他衛星追尾実験

・TeikyoSat3号ブレッドボードモデル製作

2011年度 ・H-IIAロケット相乗り決定(12月)
2012年度

・TeikyoSat-3 STM(構造・熱モデル)製作・試験

・TeikyoSat-3 EM(エンジニアリングモデル)製作・試験

2013年度

・TeikyoSat-3 FM(フライトモデル)製作・試験

・打ち上げ(2月28日)

開発の様子01

開発の様子02

開発の様子03

開発の様子04

キーワードで検索