がんプロフェッショナル養成基盤推進プランの教員紹介

帝京大学大学院医学研究科長よりメッセージ


帝京大学大学院医学研究科長
園生 雅弘

2007年度に始まった「がんプロフェッショナル養成プラン」は終了し、新たな発展型として2012年度より始まった「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」はがん診療・研究のための教育拠点を構築し、長期的な人材育成をめざしています。人材育成は大学の重要な役割であり、全国で大学グループによる15のプランが選定され、特色あるプロジェクトが進行しています。それには大学院における教育・人材育成との密接な連携が必須であり、大学院教育の基盤整備にも大きな役割を果たしつつあります。
その内容はがん診療医・研究者およびコメデイカル専門職の育成、チーム医療の実践教育、緩和医療、地域がん診療体制構築、対応する新たな講座の新設など、広範で多岐にわたるものです。

 

本学は、東京女子医科大学、杏林大学、駒澤大学の3大学と協力して「都市型がん医療連携を担う人材の実践的教育」プログラムを担っています。本学教授陣を中心に、がんを診る総合医、専門医、臨床研究・臨床試験のためのグループリーダーなどを育成するコースを設け、さらに、緩和医療の新たな専門科目を大学院で新設し、緩和ケア医療を担う人材の育成も開始します。また、外科スタッフによるがん専門手技実地体験も行われます。

 

がん診療には従来の枠にとらわれない柔軟で横断的な発想が必要です。本学のがん診療は本プランとがん診療連携拠点病院の実践および大学院教育が一体となって、本邦のがん診療の発展および人材育成で重要な一翼を担うことが期待されています。

帝京大学大学院医学研究科長  園生 雅弘

教員紹介

教員名をクリックすると、教員検索機能による詳しい情報がご確認いただけます。

 

有賀 悦子教授

江口 研二特任教授

関 順彦病院教授

佐野 圭二教授

渡邊 清高准教授

キーワードで検索